GIAC Exploit Researcher and Advanced Penetration Tester (GXPN) 合格体験記

PUBLISHED ON NOV 1, 2019 — CERTIFICATION

tl; dr

  • GIAC Exploit Researcher and Advanced Penetration Tester (GXPN) に85% で合格した
  • 勉強方法
    • 受講したトレーニングのテキストを読み込むのと、演習をすべてやり直す
    • 模擬試験を本番と同様の状況で受ける(紙の辞書やテキストを用意して)
    • 実技テスト対策に、模擬試験では環境に慣れておく

はじめに

GIAC Reverse Engineering Malware(GREM)合格体験記 を書いてから約半年で2つ目のGIAC資格を取得することができた。前回は初めてのGIAC 試験だったのでたくさん文章を書いたが今回は簡単に勉強方法と感想だけ書いておこうと思う。
GXPNは、SANS 660 Advanced Penetration Testing, Exploit Writing, and Ethical Hacking に対応するGIAC資格で、主にペネトレーションテスト に関する分野の問題が出題される。前回同様、トレーニング自体も受講したのでテキストや模擬試験x2を受けることができた。どんな問題が出題されるかは、公式サイトを見てほしい。

勉強方法

前回のGREMの記事で書いた事とまったく同じ感じの勉強を行った。しかしながら、GXPNでは実技テストが存在するため、具体的な中身については言えないが、トレーニングでやった演習などを通じて、「こういうことをやりたい場合、どのツールを使って、どうすればいいか」などがパッと浮かぶレベルには仕上げた(つもりだったがいくつかわからずもどかしかった)。また実技テストの環境が若干癖があるので、模擬試験を通してなれておくことをおすすめする。

試験中

今回の試験自体は、3時間だったが2時間程度で終える事ができた。というのもわからない問題が多くて、結構な数をスキップしたためかなり早く進んでしまっていた。最後スキップした問題が10問残っている状態で1時間30経過とかだったので、落ち着きながらテキストを見返したりしてスキップした問題を解いた。前回もそうだったが、「この問題があってれば合格できる!」といった願掛けみたいなことを脳内で思って答えた。最後の問題に答えたら、画面には85%という文字が見えて一安心した

おわりに

所感だが、10月7日~12日にトレーニングを受けて11月1日の試験だったので、かなり勉強時間が短くて大変だった。1日ガッツリ勉強して行けそうだと思ったので、パッと翌日受けることにしてしまったが、前回もそんな感じで受ける日程を決めていたし、そのほうが良いのかもしれない。まぁなんとか良い得点で合格することができたのでほんと良かった。最近は、家庭内も仕事も共にすごく忙しく大変な時期だったので、そういう中でもちゃんと合格できたのは結構嬉しかった。家事など全面的に協力してくれた奥さんには本当に感謝の気持ちしかない。

TAGS: GIAC
comments powered by Disqus